2009年02月17日

白いカジノと、セブンのチリワイン

ライブ、どもでした。

今回ギターは、カジノを使いました。白いカジノ。
元々は白だったらしいんだけど、時を経て焼けたり、タバコのヤニとかでクリームっぽい色になってるのがまたイイ感じに。
2009年のメインギターは、エピフォンのカジノってイコうと思います。

ハードロックハウスの社長にまで言われちったよ。
「TAKA-C、テレキャスじゃねぇし、立ち位置変わってるし」って。

皆さんテレキャスの心配をしてくれまして。
ありがとう。
テレキャスは元気だよ。

このカジノは古いギターだから、先日、ミートショップ小清水さんのドクター手塚氏にね、メンテしてもらったんよ。
んで、ネックの歪み、すり減ったフレットの擦り合わせ、そんでナット調整やらペグ、PU調整などしてもらったらさ。

以前は、チューニングが1曲保たないで狂ったりで、実践向きではなかったんだけど、チューニングも安定したし、そんですんげぇ弾き易く、生まれ変わったみたいでさ、音も渋いし、もう気持ち良くて楽しくて。

小清水さん曰く、このカジノは90年代初頭位の日本製で、よく鳴るし、イイ音出るよと言ってた。

あとは弾き手であるTAKA-C次第だべな。





このカジノは、特別なギター。
バンドをヤルきっかけとなった、真友であり、戦友であり、共犯者であり、憧れの男の形見。

先週の墓参りで「今年はメインで使うぜ」って伝えてさ。

そしたら、昨日友達から呑みの誘いがあって「今年10周忌だぜ」って。

あ〜そんなん経つか、と。

おれね。
墓参り行っても掃除とかしないのね。
花も持ってったこと1回しか無いし。

いつも丸ごとの線香とタバコを焚いて、そいつの好きなコカ・コーラを添えるだけ。
そいつコーラにはこだわりがあったから、350とか500じゃなく、ゼッタイ250mlのコーラを持ってくんだ。

確かに250のコーラは、350より、500のペットボトルよりウマい気がする。
一番はビンのコーラだけどさ。

んでまぁ、一緒に一服キメて、水かけて帰ってくんだけどさ。




カジノを持ったTAKA-Cもなかなかイイべ?

epiphonカジノ
画像提供:ちゃ〜♪



話しは変わんだけどさ。
アンプ買ったんだよ。
メンバーにも言ってないんだけどさ。

前から欲しかったヤツ。

マーシャルのアンプ。

色々手出して、なんだかんだ下手な買いモンするより、欲しいモンは手に入れて、そんでヤッちゃえと。


なんだか「マイナーチェンジして、あまり歪まなくなったんすよ」って店員さんが言ってた。
でもこのマーシャルに歪みは望んでないからOKなのよ。
むしろ昔っぽくなったなら、なおさらオーケー。
んで当たり前で表示価格より2割引きにして、更に端数切り捨て価格にしてもらって。

もちろん先月いっぱい働いた分でさ。
現金払いよ。
チチ〜ン!(ウェインズワールド風、分かっかな?)

自分へのご褒美ってことで。

イイもんを安く手に入れるんだったら、地元の楽器さんとツーになることだと思うな。
実際にオレ、フェンダーのアンプも、AD999も、リトルビックマフも、ジョージエルスのコードも、楽天とかに出してる楽器屋より、サウンドハウスより安くしてもらってるよ。

あ、トゥルーバイパスのコルグのチューナーもそうだわね。
出たばっかだったpitchblack

そんときは言ったよ。

「オオタケさんプライスでよろしく」って。

※オオタケさんと一緒の時は、ギターを磨く布、なんつうんだっけ?
アレとか、いろんなオマケも付けて(無理矢理?)もらえたりするかも。


マーシャル、かっけぇな。



このゴールドパネル、そしてボディのライン、佇まいが美しいなぁ。



しかも黒じゃなく、赤いんだぜ。



更にかっけぇよ。






懐かしの音がする。
コイツにブチ込んでカジノって、テレキャスるよ。


今夜、酔った勢いでフルテンしてみっかな。


Marshall / MS-2R ギターアンプ










09/2/15(日)宇都宮HRHライブ
1. ジュジュカ
2. アパラチア
3. キングコング(エロック Ver.)
4. DJ Bob


090216_2254001.jpg
posted by TAKA-C at 01:12| Comment(1) | ライブった日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。