2009年08月31日

Say 乳 CRYBABYと、この胸に火をつけて

開拓時代の人々にとって、西部へ向かうために、最初に越えなければならない難関。

それがアパラチア山脈。


コンボイ、スパイラルとJAMって出来たのが「アパラチア」
この曲が凛で初めてのオリジナル曲で、凛の原点。
歌詞は、前に組んでたバンドが解散した夜に描いた。
終わった時に描いた歌だけど、始まりの歌。

♪僕は今出来る事 精一杯ヤルだけ
この胸に火をつけて この胸に火をつけて♪

その時のタイトルは「ZERO」だったけど、なぜか歌ってる時に険しい山が見えてね。

そこで浮かんだのがアパラチア山脈。
険しい山=アパラチア、みたいなイメージだった。

今さっきアパラチアでググッて知った。
「開拓時代の人々にとって、西部へ向かうために、最初に越えなければならない難関。」

おぉ〜。

元豊郷のはっしーが、新しいバンド組んだ。

律儀に断りのメールをしてきてくれた。

バンド名を「アパラチア」にしたいって。

嬉しいね。
すげぇ嬉しいです。

ローリング・ストーンズは、マディ・ウォーターズの曲でRollin' Stoneって曲があるんだけど、そこからとったんだわよ。

マディ・ウォーターズもこんな気分だったのかな。



はっしーのNEW BAND、楽しみだね。
11月19日下北沢屋根裏でライブするってさ。

詳しくははっしーのブログ



そうそう、JET POLICEのせいいちか!にワウを改造してもらいました。
踏んだり上げたりするとチャカポコ チャカポコするクライベイビーってエフェクター。
かっこよく言うとモディファイってヤツ。
余計なパーツを取り除いてもらったり、パーツを交換してもらったり、トゥルーバイパス化してもらったり。

OFFん時の音痩せもぜ〜んぜん気にならなくなったから、A/B BOXでヤル必要もなくなった。
ワウの掛かりも、クライベイビー特有の「下品さ」に磨きがかかり、更にワイルドになってすげぇ気に入ってる。

最近は、このワウを踏み込んだ状態でギターソロるがマイブーム。


LEDはイエロー。
SAY-Chi Chi CRYBABY〜!!

改造ワウ
posted by TAKA-C at 23:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。