2008年02月22日

テレキャス、ジャック交換で短期入院

ギター本体のシールドをブチ込むトコロ(ジャック)の交換です。

ジャックは、いつもシールドを抜き差しするところだから、消耗品なんだわよ。
特にテレキャスのジャックは、すぐイカれることで有名なんだわ。

なんでだろうね。

こんな僕でも4回くらいは交換してるな。
シマリがなくなって、ユルユルんなっちゃうのよね。

しばらく交換してなかったし、先日のノーキンズのライブ中、いきなりスコンッと抜けたからね。
「音出ねぇな」って、思ったら、シールドが抜けてた。
そん時にね
「あ〜、そろそろ交換時期だな」と、なので今日楽器屋さんに持っていきました。

そんで、標準のテレキャスのジャックのプレートんトコも、丈夫じゃないんだよね。
それを店員さんにいったら、こんなのがありますよ、と。

アルミで頑丈なテレキャスター用ジャックプレート


テレキャス標準のジャックプレートは、そのままボディにカポッてついてるだけなんだとさ。
後ろから木だか、なんだかで止まってるとか言ってたな。

これは、ネジで2点止めだから、頑丈だし、次回の交換も楽になる
っちゅうことで、ジャックプレートも交換してもらうことにしました。



そんで帰ってきてさ
借りてるテレキャスカスタムを弾こうとしたらさ。

この前、店に忘れてきた、と思ってたサングラスがあった。

いつもと違うとこに置くとダメだね。
おれも脳トレ必要かな。


っつうか、なんで夜なのにサングラスしていくのか?

呑むと忘れてくること多いんだけどね。
失くしたサングラスも、、、結構あるな。


ザ・ブルース・ブラザーズって映画でね。

最後の方で、その兄弟が車に乗り込んで、弟エリウッドが、こう言うんだよ。

「シカゴまで106マイル、ガソリンは満タン、タバコ半箱



暗闇に...サングラス!」


そして、兄ジェイクが

「行くぜ!!」

ってね。

二人で真っ暗闇の中、サングラスをかけて車をブッとばすんだけどさ。



それをマネして、気合いを入れる夜は、サングラスしてくんだ。
あはは。





Bluesbrothers





TAKA-Cの脳は



致命的にコーデを
照れながら信頼関係を
ドヒャっと格安脱毛を
いつのまにか首のシワを
とっとと自然な誘い方を



検索したがっているそうです。



脳検メーカー

脳内検索メーカー


posted by TAKA-C at 00:42| テレキャスのパーツとBD-2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。