2008年03月28日

ツィゴイネルワイゼンとラ・カンパネラと、リスペクト

一人一音の演奏会、すげぇな、このCM好き。
富士ゼロックス(FUJI XEROX)のテレビコマーシャル。

1人が奏でられるのは、1音だけ。1本しか弦が張ってないギターを持ってさ。
それを何人ものギタリストが、ひとつの音を演奏していって、曲になるやつ。

「ツィゴイネルワイゼン 作品番号20」っていうんだね。
同名で映画があったよな。原田芳雄主演の。

富士ゼロックスのサイト(PC)で、1分間の長いCMが観られるわ。
「一人一音の演奏会」
hitoriichion.jpg
http://www.fujixerox.co.jp/


ピアノ篇も面白い。ラ・カンパネラ。これってピアノの練習曲なんでしょ?
すげぇな。

あ、フジ子・ヘミングのラ・カンパネラ聴こう。

フジ子・ヘミングのラ・カンパネラを聴いてる時の感覚ってさ。
ジャニス(JANIS JOPLIN)を聴いてる時の感覚とカブるんだよね。
あれ?前にも書いたっけな?まぁイイや。

フジ子・ヘミングはピアニストで、ジャニスは歌(シンガー)で、ぜんぜん違うのにね。

なんだろう。
悲しいくらい切なく深く激しい熱い愛情が、生々しく痛々しく伝わってくるような...。
ん〜言葉にするのって難しいな。
ちなみにラ・カンパネラはイタリア語で「小さな鐘」

どちらもリスペクトしてるアーテイストです。


リスペクトで思い出した。
アレサ・フランクリンが歌ってる「リスペクト」って曲でね(オリジナルはオーティス・レディング)
女性のバックコーラス隊が歌ってる歌詞は確か「もっと激しく突いて〜♪」って意味になるんだってね。



アレサを聴こう。

ギター講座・レッスン1を始めようとしたのですが、音を出すのは次回ね。
サンプル音源、作れてないし。あは。

原稿は、書いてあります。
思ったより、文にすると長〜くなるんだわ。




がんばることよりも、好きなことからはじめようよ。

ってね。



デトロイト・メタル・シティピックセット
posted by TAKA-C at 02:07| 映画とか音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。