2008年04月26日

アナログディレイ&GOOD TIMES BAD TIMES

今日は楽器屋へ。

一番の目的は、ディレイ(エフェクター)の試し&比べっこ。
紫色のニクいヤツ、アナログディレイAD999と比べて、LINE6のDL4、DD-20はどうなのか?を。

そしたら「TAKA-Cさん、すごいタイミングですね〜」と。

なんと、その目的のLINE6のDL4と、DD-20
昨日と今日で売れてしまったという。
そんな売れるもんじゃないのに、共に2台ずつ売れちゃったと。

「ディレイが流行ってるんすかねぇ〜」と彼は言った。

しゃぁねぇから、AD999と、まだヤッたことのないCARL MARTINのアナログディレイ Red Repeat、これルックスもいいね。それとアリオンのアナログディレイSAD-3、そんでなんだっけな。ARTEC SE-ADLってやつ、これもAnalog Delay、これらを試した。


今回は自分のテレキャスじゃなく、店のテレキャスで。

いろいろヤッた結果、僕の好みは、AD999>Red Repeat>SE-ADL>アリオン。

もう断然、AD999だね。
何より太いし、丸いし、エロい。
少し、ONすると音量が上がる感じでいいし。

ちなみにBOSSのDD-7が出たんだわ。
アナログのモジュレーションと、ディレイタイムが増えたってさ。
音家のDD-7

でも目的のDL4とDD-20は、紫色のニクい奴 AD999と比較できなかったので、残念。

でも、そんなこともあるかもしれないと、僕はROOT20のモディファイBD-2を持参していった。
それと、他のBD-2モディファイと比べっこした。
この前はキーリーのを試したんで、今回はWEEDのブルースドライバー。

またこれも別もんだった。
WEEDの方が、ハツラツとしていて、僕のROOT20の方が、枯れてる感じ。
WEEDは、小さい2つのスイッチをオンにしないと、パッとしない感じがした。
店員さんは、僕のBD-2の方が好みだそうだ。

はっし−のは、アナログマンのモディファイ BD-2
この前、僕のを貸して、比べっこしたんだわ。
彼が言うには、アナログマンのBD-2が下が出て歪まない感じ。
んで、僕のROOT20 BD-2modのやつのが上があって元気いい感じ、だったってさ。

色んな音があって面白いな。

それにしてもマニアックな内容だ。

ついでに「モデリングやシミュレーション技術を使ったデジタルディレイではありません。」だってさ。

古いデジタルディレイにあった太く温かみのあるディレイサウンド、か、、。
一度試してみたいな。プロヴィデンスのディレイ



楽器屋さんから出るとき、ツェッペリンのGOOD TIMES BAD TIMESが流れた。
帰ってソッコーCDをかける。ZEPのリマスターズ。


昼に食べた王将の餃子、スゴかった。
部屋の中がニンニクってた。


夜は昨日のメロを曲に。
シンプルにしたいのに、メロが浮かび過ぎて、収集つかなくなった。
でも無駄じゃないはず。

3曲くらいに分けるか。




4/5のレポート、PC版更新しました。

テレキャスと僕
posted by TAKA-C at 00:00| Comment(0) | マクソンのアナログディレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

ただいまぁ〜〜

店出たら、すげぇ雪降ってんの。
大通りの沿道が少し積もってんの。

現在Am 2:34

いやぁ、すげぇ楽しんだ。
帰り、BOBと一緒に歩いて帰ろうとしましたが
この降りしきる雪では、すぐ挫折しソッコータクシーを拾いました。


久しぶりに踊り続けたわ。

約3時間、踊りっぱなしでした。

アナログ野郎DJ MASAと、アナログ男DJ BOBと、某パーティーへ

コンボイの好きな、黒髪、メガネッ娘率の高い店内。
女の子がたくさん。

いかにも場違いな、フリンジ付きの革ジャン、ベルボトムにサングラスの僕は
とても気持ち良く、お酒と音楽を楽しみました。

この前、ショウスタコビッチ三郎太から聞いててね。
まぁ、細かいトコで話しは食い違っていたんだけどさ。

結局アイツは人の話しを聞いてるようで、聞いてないってことになりました。


ヤバい音楽でした。
完全にヤラれました。

2時間のステージ、あっという間でした。


DJの音もすげぇクールなサウンドでね。
オレらが行った時は、今は都内にいるMASAの友達で。

ファッションショーとか、何かのレセプションとかでマワしてるDJ君らしい。

ジャンルは、ラウンジミュージックの何だかって種類らしい。
いろいろあって、いつも覚えられない。


テンポは、気持ちのいい♪120くらいかな。
ゲットーベイベーと同じくらいだと思う。

かっこいいんだよ。
ず〜〜〜っと鳴ってるフロントのPUで出してる、ギターの音が。

エロくてさぁ。
良かったぁ。


彼のマワしてる中、歌詞が。
これは、携帯にメモりました。

今見たら、すげぇ量です。
色々皮肉ってますが、面白い歌詞になりそうです。


彼が終わって、本命。

もう一度書きます。


ヤバい音楽でした。
完全にヤラれました。

2時間のステージ、あっという間でした。
その間、ずっと僕は踊り続けました。


4人編成でね。



もうね。



簡単に言えば、セッションしてるだけ。

だけど、そのクオリティの高さと、アイデア。

すげぇ。


サックスの人のトコと、シンセを弾いてる人んトコには、MACのノートパソコン。

ベースの人は、ウッドベースを弾くわ、そのまま、あの弓みたいの使って弾くは、エレキベース弾くは。

鍵盤の人はローランドの、、、
RD、、、だっけな、、。
やっぱ携帯にメモっとくんだった。

種類の違う鍵盤2つ

殆ど、ピアノの音。
たまにサイケなオルガン。



MACを操るサックス奏者は、アルトと、、なんだっけ?
普通のヤツ、、、かな?

すんげぇ渋い。


んで指示や指揮を取る鍵盤&MAC


ベースとピアノの人はね。
ギター用のアナログディレイを通しててね。

ブラックパールの92ちゃんと同じマクソンのヤツ。

全部すごかったけど。

特にすごかったのは
4人が、手を叩いてリズムを創っていく曲。

もう、、、感動した。
正直涙出た。


4人のトコにあるマイクにも、ディレイがかかっててね。
1回パンッて叩くと、その後ろに、パン、パン、パン、パンって残音が繰り返されるんだけど。

4人がそれぞれ違うリズムを叩いて、それをディレイで重ねていって、それをループさせて、リズムを創っていく。

そしてそれに楽器の音を乗せてく。

そんな曲なんだけどさ。
わかるかな?

言葉で説明するの難しいな。

とにかくすごかった。

アナログのディレイだから、暖かみというか、丸みがあってトロける音。
ピアノ、サックスはJAZZ
だけじゃないな、、、オルガンは、サンタナやドアーズってたしな。

ベースは、、何でもあり。

リズムは、アフリカンから、、もうすげぇ。

つうか、この人達すげぇ。
MASAやBOBと話してた、おれらがヤロうとしてたことをヤッちまってる。

あの人が頭脳なんだろうな。いろいろ指揮したり、煽ったり。
でも4人の音、全部かっけぇ。

『新しい音』を目の当たりにして、肌で感じて、体内にイレてきました。

凛メンバーとも聴きたかったな。

もう一回書くけど
簡単に言えば、セッション、ジャムってるだけ。


凛のスタジオってさ。
なんかの曲ヤル前に、30〜40分ぶっ続けでジャムるんだけどさ。
この前も、35分以上ジュジュカ。

これね。
かっこイイよ(笑)



だけど、そのクオリティの高さと、アイデア。

すげぇ。



おれ初めてかもね。

こういう音の音源を欲しい、って思ったの。
明日CD買おう。




彼らの演奏が終わった後の女の子のDJの選曲もかっこよくてね。

隣で呑んでた、かわいい子が
「彼女はスティービー・ワンダーの前座でもマワしたんですよ〜」
だって。


次回も、またイコう。

ダイちゃんありがとう。
posted by TAKA-C at 03:48| マクソンのアナログディレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。